雑誌の宣伝チラシ、タブロイド紙、街中にある広告やダイレクトメールで、「多重負債の片付けやります」「多重負債を統合したくありませんか」というような宣伝を閲覧することがよくあります。こういったものは、「整頓業者」「買取屋」「紹介人」という名称の業者のだまし広告の場合があります。そういったものを利用したときには自己破産申請の中で最も重要な免責認可をもらえないリスクもありえます。「片付け屋」の場合、広告などで負債者を引きつけ、相当な費用を取り負債整理をしますが現実には負債整頓は行われないまま、借金者は債務スパイラルに陥る失敗が大方になります。「買取屋」は、依頼者のクレジットで家電製品、新幹線の券などを買わせて負債人から買った商品を売値の3割あるいは額面半額で買い上げるというやり方が知られています。債務人は瞬間的には金銭が手に入りますがまもなくカード会社経由で商品価格の売値の催促がきて、借金額を悪化させることになります。このケースだとカード会社への詐欺として免責承認をもらえません。「紹介屋」の場合、有名な消費者金融から拒絶された借金者に関して、業者としては提供は全然せずに、提供をしてもらえる別な店を呼び出し、高い紹介料を受け取る企業です。つなぎ屋は手の込んだ努力で融資可能となったというふうに解説しますが、何もしていなくてシンプルに選考の緩やかな会社を教えているだけです。この場合でも実際は借金をアップさせるだけです。