自動車を運転している際に、「車を持ったままで直ぐ融資可能」というような看板や広告が偶然見かけることも多いと思います。メルライン

こうした宣伝看板は、自動車を担保として融資する広告であることが多いはずです。ハニーココ

車担保融資と呼ばれる言葉は、知っていたとしても、実際、どのようなローンのされ方なのかあまり分かっていない人もいると思います。

車担保融資とは、それだけ世の中に浸透していない融資方法ともいえるはずです。

車担保融資では、車を返済ができなくなった際の保障にすることで、車の現時点の査定額を出し、その額の査定範囲内でキャッシングを基本行っています。

一般の中古車販売での査定と同様に、年式が経つ車や事故車であったりする場合は、査定評価が低くなることがありますので自動車を担保として融資を受ける時には覚えているといいと思います。

車担保融資は、「自動車」という実質資産を担保にする方法ですので、金融業者などでキャッシングがストップしている人でも即日、査定範囲内でのローンを行えます。

さらに、銀行や金融業者での融資には色々な手順や厳しい審査などがありますが、自動車という実質資産を利用して行うキャッシングですから、そうしたものが必要としないこともあります。

この頃では、自動車を担保としてローンを受けても、車をそのまま使用することが出来る車を使った担保融資も増えてきています。

けれども、この融資方法の弱点としては、クルマの売値価格にキャッシングの価額も左右されますから、乗っている車によって、本人が希望する上限額のキャッシングを受けられないということもあるはずです。

クルマを担保としますから、仮に支払いが出来なくなった場合は、直ちに自動車を明け渡さなければならないというのも、デメリットです。

自動車が日常の必要アイテムである土地柄では、愛車を、返済に行き詰った際の保険にするキャッシングのやり方は、随分危険が大きいといえるはずです。