自己破産手続きは自身の都合で一部分の債務を除いた申告はできませんので高額なローン又は親族などの保証人が記載されている借りたお金を含まずに行う破産の申請はすることができません。ライザップ 池袋

高額な住宅ローンがある状況で自己破産に関する申告を行ったらマイホームは接収されてしまいます故に、高額な住宅ローンを払いながら(自分の部屋を手放さずに)返済義務のある負債を精算したい時には借入金の返済を軽減する民事再生という申し立て手続きを選択することになります。ライザップ 千葉

ところで保証人が付いている債務が残っているときには借り手が自己破産申請を実行してしまうと、連帯保証人宛にじかに催促が送付されてしまうのです。

さらには所有中の家財(不動産、乗用車、有価証券や生命保険に類するもの)等は原則論的には全部押収対象となる故、絶対に持っていかれたくない私有財産がある場合や自己破産申立てを行うと業務停止になってしまう免許を用いて働かれている場合ですと、他の負債整理の方法(債権者との和解による任意整理あるいは特定調停手続といった手続き)を検討しなければいけないのです。

あるいは、賭けないしは浪費による借金がある場合だと一番欲しい免責(貸与されたお金を0にするお墨付き)が適用されない事も想定されますから別の借金整理の選択肢(特定調停手続、任意整理又は民事再生による借金の圧縮)も積極的に考える必要があるかもしれません。