あいにく現状ではきわめて変わった例を除いて商品券売店で買い物をしてもクレジットカードを利用する事が出来る店舗はほとんど存在しません。

そのような根拠から、American Express、Diners clubなどのギフトカードを駆使した直接商品を買うのでないクレジットカードのやり方は実際に役立てるに近いだと考えられます。

ではどういう技術を使えば直接でないカードが可能なのでしょうか?というとそれは現在皆知っている電子マネーという名称のEdy(エディ)、Webmoney、QUICPay、またはICOCA、nanacoなど。

実際、そういうものを活用して間接的クレジットカードの使用をやってみることが出来るのです。

Edy、Webmoney、Smart Plus、であったりVISA Touch、nanacoなどはカードで取引するという事ができるギフト券>Edy(エディ)、iD、Smart Plus、であったりVISA Touch、nanacoなどに精通していない人たちには、どことなく難しいインプレッションを思い描く可能性があるかもしれないですが、このような電子マネーはただの券になります。

JCB、MasterCard、Diners clubなどの券と全く相違点はないでしょう。

こういう電子マネーはクレジットカードを使って簡素に買い付けする事ができるのが特徴であるのです。

さらに電子マネーというものは今や、コンビニを筆頭にレストランや多様な販売店なんかといった場所でも駆使する事が出来得るようになってきている。

「当店舗の物を購入するにはクレジットカードはお使いになれません」といった感じで明言されてあった店舗での支払いでもEdy(エディ)、Smart Plus、だったりICOCA、nanacoなどの場合なら利用できる事がたくさんあるのです(カードポイントがきっちり貯められる)。

よってカードが用いられない店舗などでも直接でないようにクレジットカードを使う技術で、カードポイントを得していこうという方法です。

普通、ショッピングを満喫するに限られているとゲットできないカードポイントであるため是が非でも、活用法を参考にしてほしいです。